ヒジャブ通販 日本製イスラム教徒向けお土産 WATASI JAPAN

日本製ムスリムファッション専門店

【プレオーダー品】【外国人に喜ばれるお土産】着物選びからこだわりたい貴方へ。貴方だけの特別な逸品をお仕立てします。美しい女性のシンボル牡丹の文様が施された着物です。

15,000円(税込16,200円)

在庫状況  1

購入数

プレオーダー注文とは

お着物をお選び頂き、オーダーを頂いてから
製作をさせて頂く注文方法です。

ステップ1
着物をお選びください。

ステップ2
デザインをお選びください。

デザインは下記三種よりお選びください。
ロングカーディガンの詳細はこちらから

【ロングカーディガンボタン付き】

【ロングカーディガン ボタンなし】

















【アバヤ】
アバヤの詳細はこちらから

※ヒジャブはつきません。
※全てフリーサイズとなります。
※柄の入れ方等デザインに関しましては、お着物の状態をみて弊社にお任せ頂きます。
ステップ3
決済画面にお進み頂き、決済完了後、製作に入ります。
納期の目安
注文後2週間程お時間を頂きます。


こちらの着物には牡丹と藤の文様が施されています。

牡丹
「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」という言葉があるように、牡丹は美しい女性の象徴とされ、「百花の王」とも呼ばれています。豊年の兆、幸福や高貴の象徴として、また、財産があり、身分が高い事のシンボルとして描かれてきました。また、牡丹の「丹」は不老・不死の仙薬を意味することから、不老不死、不老長寿という意味も持っています。


『万葉集』の中でも高貴な色としていくつも歌が詠まれていることからも、古く人々に親しまれていたことがわかります。藤は繁殖力が強く、他の樹木に絡みながら蔓を伸ばしていく様子から長寿や子孫繁栄の象徴、また房状の花を稲穂に見立て豊作を願うなど縁起の良いものとされてきました。文様の世界でも「ふじ=不二・不死」につながること、また平安時代に栄華を極めた藤原氏にちなんで、公家社会のさまざまな装束に藤の文様が用いられたことから、江戸時代には人気の家紋のひとつになりました。公家をはじめ庶民まで幅広い層に愛された藤です。

黒留袖の文様には母親から子供へ幸せになって欲しいと願うメッセージが込められています。文様1つ1つにメッセージが違います。贈られる方へのメッセージを文様に込めプレゼントされると一味違った、日本の贈り物になるかと思います。


材質:シルク100%
カラー:黒に柄